股の黒ずみは誰もが改善したい

何気なく下半身を目を向けて「え、自分の股間って結構黒ずんでいるなあ……」 って、ビックリした経験、一度はした事がある人が多いのではないでしょうか。

 

・ビキニを着た時に、Vラインの周りの黒ずみが目立った
・ちょっと頑張って陰毛を処理しようとして鏡に映したら黒かった
・彼氏や夫に「黒ずみ、何とかしたら……」と言われた。

 

ふとした折に股間、内もも、ビキニラインの黒ずみを意識してしまうんですよね。

 

ただ、黒ずみが股間に生じてしまっている「理由」となると、ご存知無い人が大半でしょうし、その黒ずみを改善する手段も見当が付かない、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

人には打ち明け辛い話ですし・・・。ほとんどの方が「黒ずみは汚れなんだから、しっかり落とそう」と考えて、力いっぱい洗ってしまうのではないでしょうか。

 

若い時に、お友達とビーチで遊ぶような時はゆったりとしたTシャツを身に付けたり、ショートパンツの水着で何とか隠せますが、彼氏ができれば、いつまでも隠しておくことはできませんよね。

 

 

なぜ股間、Vラインに黒ずみができるの?

やっかいな「黒ずみ」ですが、これは「メラニン色素」であり、元来は皮膚を保護するために生じるものです。

 

メラニン色素の生成される原因は次の通りです。

・「締め付け」や「擦れ」による刺激
・擦れや皮膚が乾燥してしまったせいで角質が分厚くなる
・角質が厚くなるとメラニン色素の排除が滞り、色素が沈着する

まず、黒ずみと汚れは全くの別物なので覚えておきましょう。皮膚が日に焼けると黒色になりますが、その黒色は実はメラニン色素によるもので、股間の黒ずみもそれと同じ原理なんです。

 

ですが、擦れによる刺激はメラニンの生成と同時に角質を厚くしてしまいますので、そこが日焼けとの違いですね。

 

例えば野球のピッチャーは指にタコが出来る事が多いです。これは、刺激が及んでいる場所が分厚くなるという皮膚の防衛能力によるものなんです。

 

そして股間やVラインに黒ずみが生じる原因は、

・パンツ類の擦れや締め付け
・きつく摩擦が起きやすい下着を履いている
・太腿のお肉が増えすぎて股ずれが起きている

というものがほとんどです。

 

すぐに黒ずみに繋がるわけではありませんが、自分では分からない規模で徐々に角質が分厚くなり、黒ずみが出来ていくんです。

 

そして汚れだと勘違いして力いっぱい洗浄してしまう事による摩擦。洗浄のし過ぎによる皮膚の乾燥。皮膚が乾燥すると皮脂が生成されすぎて、悪臭になってしまうなど、女の子にとって困る事態になってしまうんです。

 

長期間悪い習慣を積み上げると、股間やVラインの黒ずみはどんどん濃く、強固になってしまうんです。

 

 

オシャレがしたいと、タイトなナイロン素材のパンツばかりを履いていたり、自転車で通学・通勤する習慣があったりすると、これらは股間の黒ずみの要因になってしまうんです。

 

加えてVラインも剃刀でセルフケアをして、アフターケアも正しくしない。このような行動が股、Vラインに黒ずみを引き起こすのは当然ですよね。

 

 

股、Vラインの黒ずみはどのようなケアすべき?

まず、ここまで説明してきた黒ずみを招く行動は取らないようにしましょう。ですが、長年積み重なった黒ずみは、容易に改善するものではありません。

 

股やVラインの黒ずみをしっかり改善するには、メラニン色素の生成をブロックしつつ、肌のターンオーバー(新陳代謝)を安定させなければなりません。

 

 

できる限り擦れないようにして皮膚の状態が良くなっていけば、沈着したメラニン色素がひとりでに不要な角質と共に剥がれていき、徐々に黒ずみは和らいでいきます。

 

きちんと潤いをキープし、ターンオーバーを安定させるには、黒ずみ用の美容クリームを用いるのが有効です。

 

当サイトでは、黒ずみ専用の美容クリームを、女性誌や専門誌、総合サイトなどの口コミ情報をもとに、効果が高く、人気のオススメ商品をランキング形式でお伝えします。

 

股の黒ずみ解消|おすすめ人気ケア商品ランキング

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、有名女性雑誌のモデルがPR役を務めており、若い女性から高い人気の商品です。

 

美容成分・潤い成分も豊富に入っており、乾燥や刺激から肌をガードします。また、黒ずみの元凶であるメラニン色素の生成を封じ込めてくれます。

 

黒ずみを改善するメイン成分に加え、「加水分解米ぬか抽出液」や「ビサボロール」により、さらに強力に黒ずみを薄くしてくれます。

 

4種の美白成分が配合されており、透明感あふれる肌に導いてくれるはずです。

 

  

価格 容量 評価
定期 4,750円 35g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

イビサクリーム

イビサクリームには股の黒ずみケア商品の中でも、高い人気を誇る商品です。肌の刺激を修復し、保湿を進めながらメラニン色素の発生を抑え込みます。

 

2種類の薬効成分が黒ずみを薄くして、肌の状態を改善していきます。医薬部外品であり、美容成分も豊富に配合されており、美肌効果が期待できます。

 

添加物未使用で刺激はほぼゼロ。そして、国内工場で入念なチェックの下で製造されています。

 

  

価格 容量 評価
定期 4,970円 35g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

ホワイトヴェール ディープクリアジェル

ホワイトヴェール ディープクリアジェルは「日焼け止めサプリ」で有名な会社がプロデュースした商品です。

 

メイン成分は「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」で、その他、美白成分や保湿効果成分がたくさん入っています。

 

これらの有効成分が、黒ずみの誘因であるメラニンを抑え込んで、股の黒ずみを薄くしていってくれます。

 

女性が開発した女性視点のジェルであり、透明性に優れた女性らしい肌に導いてくれることでしょう。

 

  

価格 容量 評価
定期 3,780円 40g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトは美容クリニックやサロン向けアイテムをたくさん生み出してきた、知名度の高い「化粧品のプロフェッショナル」が開発したアイテムです。

 

リポゾーム状態の美白エッセンスと3種類の美白効果成分が、股の黒ずみ、毛穴の開き、股の乾燥などを高効率で改善してくれます。

 

メラニンの生成を封じ込め、シミやソバカスを生じにくくして、11種類もの保湿効果成分が、肌の潤いをアップしてくれます。

 

口コミサイト等でも、高い評価を受けており人気を集めています。

 

 

価格 容量 評価
定期 4,770円 30ml(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアムには、股の黒ずみを軽減する作用があります。

 

特有処方の「スーパーVCT」が黒ずみの誘因であるメラニン色素を封じ込め、3種類のビタミンが一斉にアプローチし、黒ずみのもっと奥の奥の「基底層」にまで到達してくれます。

 

モニターを務めた方のほとんどが美白作用に納得しており、モンドセレクションも受賞しています。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,980円 25g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

ホスピピュア

ホスピピュアに含まれるトラネキサム酸により、メラニン色素の「生成初期」の過程を邪魔して、肌サイクルを整えて、黒ずみを薄くしていきます。

 

選び抜かれた美容成分が凝縮されており、股の角質の奥の奥にまで確実に浸透し、肌の状態が良くなっていく事でしょう。

 

また、開発には湘南美容外科も関わっています。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,500円 30g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

クレアフォート

濃密美白クリームのクレアフォートには、股の黒ずみやワキの黒ずみを改善するパワーがあります。メイン成分は、最近話題になっている「プルーン酵素分解エキス」です。

 

黒ずみの大元であるメラニン色素を封じ込めて、色素の沈着を回避させてくれます。また、肌のターンオーバーを正常にして、皮膚の状態を良くしてくれる成分も豊富に含有されています。

 

独自メソッドでこれらの有用成分のパワーを可能な限り引き出し、美白、毛穴改善、保湿を力強く行ってくれます。ハリのある「透明肌」に導いてくれることでしょう。

 

 

価格 容量 評価
定期 4,960円 30g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

アットベリー

アットベリーには股の黒ずみを薄くするパワーがあります。黒ずみの引き金になる肌への負荷を、内外から包み込んでケアする新発想のクリームです。

 

このアイテム特有の美肌熟成手法により、成分をナノ化して皮膚の奥にまで浸透できるようにしています。これによって、黒ずみが生じて、ケースによっては硬くなった肌を元の状態へと戻していきます。

 

股の黒ずみケアアイテムの中では「大容量」と言っても良いほどの量がありますので、朝晩きちんと継続使用する事が可能です。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,440円 60g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

ピューレパール

ピューレパールには、股の黒ずみやワキの黒ずみを軽減するパワーがあります。メディアでも幾度も紹介されており、知名度が高まってきています。

 

肌の再生力がダウンした事等により発生する股の黒ずみを、豊富な潤いキープ成分を浸透させる事により、潤わせて肌状態を改善させていきます。

 

厳選された7種類の潤いキープ成分と4種類の美白効果成分が、厚い角質にもきちんと行き渡り、黒ずみを薄くしてくれます。

 

 

価格 容量 評価
定期 4,750円 30g(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

10

ミウ・デフルール

ミウ・デフルールには股の黒ずみやヒップの黒ずみなどを軽減するパワーがあります。負荷が溜まっている肌の黒ずみが起きている毛穴を、自然植物成分の「カモミラエキス」等で、ケアしていきます。

 

肌の内側から潤いを与えて、負荷を和らげ、9種類の美容成分が、股の皮膚を美しくハリのあるものにしていってくれます。

 

 

価格 容量 評価
定期 4,980円 30ml(約1ヶ月分) 股の黒ずみ解消【Vラインの黒ずみ】人気クリームランキング

 

ハーバルラビットが1位の理由

ハーバルラビットは、グリチルリチン酸2K、プラセンタの2つのメイン美白成分が、かさついた黒ずみに深く浸透し、深層にアプローチしていきます。

 

また、4種類の高級潤い成分により、肌環境を整えトータルケアしながら黒ずみを改善していきます。

 

敏感肌の方にも優しい成分で構成されており、デリケートゾーンな部位に安心してお使い頂けます。

 

口コミ人気だけでなく、売れている販売総数がその実力を証明しており、1位としました。

 

 

黒ずみケア商品一覧表

※画像をクリックすると拡大します

デリケートゾーンの洗いすぎが黒ずみを誘発させる

デリケートゾーンを洗い過ぎは、摩擦などを招きます。そうするとその摩擦が皮膚へのダメージになり、黒ずみが起きやすくなってしまいます。

 

また、デリケートゾーンの肌に留めておきたい菌までもを死滅させてしまい、皮膚の自浄作用を衰えさせて、それが嫌な臭いの誘因になってしまう場合もあります。さらに、陰部や粘膜に雑菌が繁殖しやすくなり、痒みやかぶれや、カンジタ等の性病に襲われてしまうケースもあります。

 

陰部を正しく洗浄して、デリケートゾーン黒ずみと嫌な臭いを遠ざけましょう。

 

陰部には弱酸性のせっけんが良い

肌が薄くダメージに弱い陰部やデリケートゾーンには、洗浄力の強いアルカリ性のせっけんは使わないようにしましょう。乾燥して痒みが生じたり、炎症が生じたりする恐れがあります。ですから、膣や陰部と同様の弱酸性のせっけんを使うようにしましょう。

 

そして、デリケートゾーン専用の石鹸を使うという手もあります。皮膚へのダメージとなる添加物が含まれていないものが大半ですから、陰部の周囲のデリケートゾーンにももちろん、優しいものとなっています。

 

言うまでもなく陰部用のせっけんも弱酸性ですし、添加物が入っていないだけでなく、含有成分としても皮膚に優しいものが多いです。陰部の常駐菌を守りつつ、デリケートゾーンや陰部を優しく洗浄する事が可能です。

 

 

陰部の適切な洗浄方法

まず、ナイロン製のタオルなどは使わないようにしましょう。陰部の黒ずみが生じる可能性が高くなります。そして、どんな素材のどんな洗浄アイテムを使うにしても、力を込めて洗うのは絶対にダメです。

 

せっけんの泡の洗浄力だけでも、実は汚れは十分落ちてくれます。ですから、デリケートゾーンや陰部を洗浄するときは、擦らずダメージを抑える事ができる「泡パック」を行うと良いでしょう。泡パックならば、連日行っても問題ありません。

 

【泡パックの仕方】
@せっけんを丁寧に泡立てる
説明してきた通りのデリケートゾーンにふさわしいせっけんを丁寧に泡立てましょう。せっけんの泡には、汚れに吸着して包む効果があるのです。水と泡立て用ネットを使って、細かな泡になるまで丁寧に泡立てましょう。

 

A陰部につけて3分以内で洗い流す
泡を陰部やデリケートゾーンにつけてパックを行いますが、3分以内で洗い流すようにして下さい。長くパックし過ぎると、皮膚に留めておきたい成分まで死滅させる事になるので、気を付けましょう。

 

もっと確実に洗浄したいのであれば、手で泡を優しく押さえるようにしてみて下さい。汚れが取れやすくなります。生理期間中などには、特に役立つ方法だと思います。

 

Bぬるま湯で優しく洗い流す
人間の皮膚よりもやや温かい温度のお湯で、軽く丁寧に洗い流しましょう。お湯が熱過ぎると、当然肌へのダメージになってしまいます。

 

「泡パックだけで本当に大丈夫?」と感じるかもしれませんが、丁寧に行えば泡パックだけでも、陰部はきちんと綺麗になります。ひいては、それがデリケートゾーンの黒ずみを防ぐことにも繋がります。

 

⇒【股の黒ずみお役立ち情報】一覧に戻る

 

アンダーヘアーの自己処理が黒ずみになる理由

アンダーヘアーをセルフケアする際には、皆さんはどんな道具を用いるでしょうか?「ハサミ」や「カミソリ」や「毛抜き」を使う、という方が多いのではないでしょうか。

 

この中のハサミで済ませるのであれば、股黒ずみに襲われる確率は低いですが、カミソリや毛抜きに頼ると、メラニン色素の生成量が増えて、メラニン色素が沈着して、股黒ずみに発展してしまう確率が高くなります。

 

アンダーヘアーを剃ったり抜いたりすると、毛穴の近隣の皮膚にダメージを負わせる事になります。そして、皮膚をそのダメージから保護しようとして、メラニン色素の生成量が増えるのです。

 

ですから、可能な限り比較的ダメージが少ないハサミで済ませるようにしましょう。コストと時間に糸目を付けないのであれば、脱毛サロンなどに任せるのが一番ですが、それもなかなか難しい面があると思います。やはり、アンダーヘアーを安全にセルフケアできるのが理想です。

 

安全なアンダーヘアーのセルフケア手段

キーポイントは「そもそもケアの頻度を減らす」事と「カミソリや毛抜きは使わない」事です。

 

「いやいや、ケアは毎日行わないと!」と感じる気持ちも分かりますが、それでは皮膚へのダメージが大きくなり過ぎてしまいますので、回数は抑えましょう。そして「カミソリや毛抜きは使わない」という部分は、上記で説明した通りですね。

 

さて、セルフケアを終えましたら、念入りな事後ケアが必要となります。素人が行ったわけですから、サロンなどに任せたときよりも、丁寧に行わなければなりません。

 

セルフケアによるダメージが溜まった皮膚に、メラニン色素を沈着させないようにするためのカギは、皮膚のターンオーバーを安定させて、一時的に弱っている皮膚を回復させる事です。

 

股の皮膚は、それ以外の個所の皮膚よりも弱いですから、何もしないでいると、股黒ずみなどに見舞われる可能性が高いです。すぐには、黒ずまない事もあるので、「なんだ、何もしなくても大丈夫じゃん」と、油断しないようにして下さいね。

 

⇒【股の黒ずみお役立ち情報】一覧に戻る

 

股の黒ずみ対策にはデリケートゾーンの保湿

人間の皮膚は「天然保湿因子」という物質を持っていますので、何もしなくてもある程度は潤いが保たれるものです。しかし、お風呂に入ったりシャワーを浴びたりすると、この因子は消えてしまいます。天然保湿因子は水に弱いという事ですね。

 

お風呂やシャワーの後に保湿をサボると、肌が張り詰めたような感覚に襲われる事がありますが、これは天然保湿因子が大幅に減少してしまっているからです。特に股の肌は、角質層が薄くダメージに弱いですから、他の場所よりも、保湿が上手く出来ないというケースが多々あります。

 

そうなると乾きやすくなるので、下着などとの「擦れ」によるダメージで、細胞が傷みやすくなり、股黒ずみが生じやすくなってしまうのです。ですから、お風呂やシャワーの後は、股に保湿剤を使うように心がけましょう。

 

 

股用の保湿剤を使用しましょう

股はダメージに弱く、保水力もあまりありませんから、色々な道具を混ぜて使うのは避けるべきです。「化粧水を使った方が効率が上がるのでは?」と思うかもしれませんが、化粧水の主な効果は、あくまで皮膚の油分の分量の調節です。

 

ですから、油分や水分があまりない股に化粧水を使用する意味はほぼ皆無なのです。美容液やクリームだけを使えば、それで十全です。そして、股を保湿する際は、股黒ずみ用の美容液や、クリームを使用するように心がけて下さい。

 

これらの保湿剤には、大抵「股黒ずみを淡くする成分」や「肌を綺麗にキープする成分」や「乾燥しにくくしてくれる、潤いキープの役割を持つ成分」が入っています。

 

 

そして、いわゆる「添加物フリー」のものが多く、皮膚へのダメージがほとんどない物が大半です。股はダメージに弱いですから、このような工夫がされているのはありがたいですね。

 

ちなみに、フェイス用の美白アイテムなどには、アルコールなどの添加物が含まれている事が多々ありますので、やはり股には股用のものを使うようにしましょう。

 

さらに、フェイス用のものには、上記の「肌を綺麗にキープする成分」が含まれていない事が多いです。やはり、股用に作られているわけではないので、ふさわしくない面が色々とありますね。股黒ずみには、股用のアイテムを使うようにしましょう。

 

⇒【股の黒ずみお役立ち情報】一覧に戻る

 

 

股黒ずみを防止する食事

食生活に気を使えば、股黒ずみを内部から防ぐ事が可能です。

 

タンパク質で皮膚を健全に

タンパク質には、人間の身体の様々な器官を形成する働きがあります。抗体を生成したり、身体の成長をサポートしたりする効果もあります。さらに、代謝を促すホルモンの材料という側面もありますから、細胞の刷新までもを補助してくれているのです。

 

さて、そんなタンパク質ですが、実は2つに大別されます。まずは「植物性タンパク質」です。これは、納豆や豆腐などの大豆系食品や、野菜、穀物等に豊富に入っています。そして、もう1つは「動物性タンパク質」です。これは、チーズ、牛乳、卵、肉類、魚介類等に豊富に入っています。

 

「股黒ずみ防止・軽減」を目的とするのであれば、摂取すべきなのは植物性タンパク質の方です。植物性タンパク質には、肌に潤いを持たせて健全にしていく効果があるからです。

 

大豆がたくさん入っている「ソイプロテイン」を摂るのも良いでしょう。大豆には、女性の身体に必須であるイソフラボンが豊富に含まれていますので、皮膚の若さと張りをキープする事が可能です。さらに、更年期障害を防止する作用もあります。

 

大豆はカロリーが少ない食材でもありますから、肉類中心の食生活をしている方は、豆腐などに置き換えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ビタミンCでメラニンの生成をブロックする

ビタミンCには、股黒ずみ等の誘因となるメラニン色素の生成をブロックする力があります。さらに、既に生じてしまっているメラニン色素を分解する効果もあります。皮膚の酸化を防止して、コラーゲン生成を加速させて、皮膚に張りを持たせる効果もあります。

 

そんなビタミンCは、野菜、芋、果物等に豊富に入っています。ホウレン草、菜の花、ブロッコリー、サツマイモ、キウイ、イチゴ等を多く食べるようにしてみると良いでしょう。

 

 

また、ビタミンC含有の飲み物で手っ取り早く摂取してしまうという手段もあります。さらに、サプリメントでも気軽に摂る事が可能です。
しかし、ビタミンCは水に溶解しやすいので、たくさん摂取しても、一定量までしか身体には吸収されませんので注意してください。

 

ただ、摂取し過ぎても尿に混ざって排出されるだけですから、あまり心配する事はありません。栄養ドリンクなどを飲んで、尿の色が濃い黄色になった経験がある方も多いと思いますが、ビタミンCが尿に混ざっていたという可能性が高いです。

 

⇒【股の黒ずみお役立ち情報】一覧に戻る

 

 

〜コラム〜
顔や二の腕は潤いがある白い肌なのに、なぜか股部分が黒ずんでいるという人がいます。これは股部分に黒ずみがあるからで、こうなると気になりますから、何とかして股の黒ずみを解消したくなります。ここで、どうして股部分に黒ずみができるのか、また、どうすれば黒ずみを解消できるかについて説明しましょう。
■肌タイプと股黒ずみの関係
股黒ずみになりやすい人種となりにくい人種があるようです。簡単に言いますと、東洋人である日本人は股黒ずみになりやすく、白人系はなりにくいようです。その理由は、東洋人は体内のメラノサイト細胞で作られるメラニン色素が肌に分泌しやすいからのようです。さらに同じ日本人でも、黒ずみになりやすい体質とそうでない体質があります。たとえば肌を刺激する紫外線で日焼けして、赤くなるだけの人は黒ずみになりにくく、赤くなった肌が黒ずむ人がいます。
■股黒ずみの主な原因
体質的に黒ずみができにくくても、肌が刺激されるとやはりその部分が黒ずんできます。元来人の肌は刺激に敏感で、さらに特に刺激に敏感なのが陰部や股部分などです。具体的な股部分への刺激には、下着類や衣類との摩擦があり、場合によっては自転車のサドルも股部分を刺激します。股部分の肌が摩擦という刺激を受けると、自然の防御反応が体内でメラニン色素をつくりだして、それが肌に分泌され、肌に沈着します。さらに、アンダーヘア―のケアでは毛を剃る時や抜く時にはかなりの刺激が生じます。
■肌細胞代謝不調も原因
肌細胞代謝はターンオーバーで、古い肌を新しい肌に入れ替える作用があります。日焼けが時間が過ぎると治るのはターンオーバーのお陰ですが、この代謝機能が不調になると、黒ずみはそのまま肌に残ってしまいます。
■股黒ずみの解消方法
以上のことから、股黒ずみを解消するには、刺激となる摩擦を避けて、肌を適切に保湿し、ターンオーバーを正常にすることです。言い換えれば、黒ずみの原因を日常生活で可能な限り排除することです。