股の黒ずみ改善記事一覧

股は主に以下の3つのタイミングで保湿すべきです。朝のお出かけ前朝のお出かけ前に保湿しておけば、下着との「擦れ」によるダメージを軽減する事ができます。乾燥が気になる方は、毎朝保湿したいですね。ムダ毛ケアの前後ムダ毛ケアの後は、少なからず皮膚の角質が削れており皮膚が弱くなっているので、きちんと保湿を行いましょう。また、見落としがちですが、ケア前に保湿しておくことも大事です。シェーバーやカミソリによる皮...

股黒ずみを防ぐためには、下着選びも重要です。素材や締め付け具合に注意して、股黒ずみを遠ざけましょう。コットンやシルクの下着を選ぶ化学繊維に該当するポリエステルなどの下着だと、股が擦れてダメージを受けやすくなってしまいます。少々お洒落の自由度が低くなってしまうかもしれませんが、「天然コットン」や「コットン100パーセント」や「シルク」の下着を履くように心がけましょう。透湿性に秀でていれば、なお良いで...

美容皮膚科などで専門家に依頼すれば、股黒ずみは消す事が可能です。しかし、股黒ずみの根源的な誘因を取り除く事が出来なければ、いずれ再び股黒ずみが復活する事になります。ここでは、股黒ずみの誘因を列挙していきます。下着やジーンズによる摩擦下着やジーンズにより皮膚に刺激が起こると、メラノサイト(メラニン色素の生成細胞)が活性化して、黒ずみの誘因であるメラニン色素の生成量がアップしてしまいます。股にゴムが接...

セルフケアではどうにもならないような股黒ずみは、美容皮膚科に診せてみると良いかもしれません。改善できる可能性が高いです。そのときは、レーザー治療がメインになるはずです。レーザーというと、少し抵抗感を抱くかもしれませんが、安全性に問題はありません。レーザー治療レーザーを肌に当てて、メラニン色素を壊していきます。肌の奥の方にまでレーザーは届きますので、メラニン色素を残さず壊す事が可能です。そして分解さ...

間接的な美白効果があるグリチルリチン酸ジカリウムには、皮膚の荒れを防いだり軽減したりして、皮膚環境を安定させるパワーがあります。股黒ずみの誘因の大半は「下着との擦れによるダメージ」や「洗浄のし過ぎによるダメージ」による乾燥です。グリチルリチン酸ジカリウムに、ダイレクトな美白効果はありませんが、皮膚環境が安定していれば、皮膚は乾燥に見舞われにくくなります。さらに、皮膚の硬くなった角質をはがすピーリン...

大陰唇と粘膜は非常に近い位置にあるので、刺激しないように心がけましょう。大陰唇だけの話ではありませんが、ケア方法を誤ると黒ずみをエスカレートさせるだけですから、十分留意しましょう。ピーリング剤等、ダメージが大きくなるものは、出来るだけ用いないようにする事が大事です。黒ずみの引き金に働きかける大陰唇の黒ずみの「引き金」に働きかける事が重要です。デリケートゾーンは、ことに肌が薄くダメージに弱い箇所です...

赤ちゃんを産むと、ホルモンバランスが乱れるため、股黒ずみが起きやすくなります。股黒ずみだけでなく、陰部、乳首、お腹、脇の下などは肌が薄く刺激に弱いため、黒ずみが起きやすくなります。股黒ずみの引き金は?赤ちゃんを産んだ後の股黒ずみの事を「妊娠性肝斑(かんぱん)」と呼びます。妊娠期間中はプロゲステロンとエストロゲン(共に女性ホルモン)の生成分量がアップするため、メラニン色素の生成量も多くなります。そし...

胎盤由来成分の「プラセンタ」の栄養価はかなり高く、色々な効果があります。そのため様々なフィールドで役立っているのですが、実は股の黒ずみを軽減してくれる美白効果も持っています。なぜ美白効果があるのか?プラセンタには「チロシナーゼ」という名称のメラニン色素に関わっている物質を封じ込める効果があります。そのためプラセンタには美白効果が期待できるのです。また、活性酸素を取り去る効果や抗炎症効果もあるので、...

大豆エキスには、質の高いイソフラボン、サポニン、たんぱく質などがたくさん配合されています。ですから、大豆エキスには色々な美肌効果が期待できるのです。股黒ずみにも効く黒ずみ、くすみ、シミ等の大きな誘因の一種に、皮膚のターンオーバーの乱れがあります。ターンオーバーがおかしくなると、コラーゲン不足に陥り、皮膚の潤いがキープできなくなり、皮膚が乾いてしまいます。そして、そのコラーゲン作りには、エステロゲン...