股の黒ずみのアレコレ記事一覧

30代に差し掛かると、股が黒ずんでしまう方が増えます。「20代くらいまでは全然黒ずまなかったのに……」という方も多いと思います。加齢とともに、黒ずみに見舞われやすくなるという事ですね。そんな黒ずみは股をはじめ、身体全体に発生します。その中でも、過敏な部位である股のような場所ほど、刺激に弱くなりやすいですし、黒ずみも起きやすくなるのです。老化と股黒ずみの関係黒ずみだけではないですが、老化が誘因で起き...

股黒ずみと一口に言っても、その誘因は主に2種あります。もちろん、股黒ずみだけでなく、他の部位の黒ずみにも共通する事です。さて、その2種というのは以下の通りです。・メラニン色素の沈着が誘因である黒ずみ・毛穴の拡がりや汚れが誘因である黒ずみ「黒ずみ」と聞くと、まず「毛穴の〜」の方を思い浮かべる人が多いでしょうが、いずれの場合も「黒ずみ」と呼ぶ事が多いです。メラニン色素の沈着が誘因である黒ずみ最も多い誘...

股黒ずみは生まれつきのものなのか?日本人は黒ずみの要因であるメラニン色素の生成量が多い傾向にある人種です。ですから、股黒ずみなどに襲われやすいと見られています。実際、生まれつきの要因で生じてしまう股黒ずみも確かにあります。ただし、そのような股黒ずみは重いものにはならない場合が多いです。つまり「重度の股黒ずみは生まれつきのものではない」という確率が高いと言えますね。乱れた生活習慣、ストレス、ターンオ...

ハイドロキノンには、陰部や乳首の黒ずみを素早く軽減する作用があります。しかし、副作用等が心配な物質ではあります。美白作用がきちんとある美白作用は確実にありますから、黒ずみを軽減する事は可能です。しかし、陰部・乳首・肛門周辺等、過敏な場所に使うにはリスクが高いと見られています。効果が高い分リスクも高いハイドロキノンを黒ずみに塗布すれば、黒ずみは軽減されていきます。また、メラニン色素の生成細胞である「...

トレチノイン(トレチノイン酸)には、美白作用があります。さらに、潤いキープ作用や、ターンオーバーを正常にする作用や、表皮細胞を守る作用もあります。また、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を補助するパワーもあります。さらには、メラニン色素の沈着を軽減して、股黒ずみなどを改善する作用もあります。ちなみに、トレチノインはビタミンA誘導体に該当します。トレチノインを陰部に用いるのはハイリスクですが、肛門の周囲...