トレチノインの美白作用と危険性

トレチノイン(トレチノイン酸)には、美白作用があります。さらに、潤いキープ作用や、ターンオーバーを正常にする作用や、表皮細胞を守る作用もあります。

 

また、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を補助するパワーもあります。さらには、メラニン色素の沈着を軽減して、股黒ずみなどを改善する作用もあります。ちなみに、トレチノインはビタミンA誘導体に該当します。

 

トレチノインを陰部に用いるのはハイリスク

ですが、肛門の周囲や乳首や陰部にトレチノインを使うのはハイリスクです。理由は主に以下の2つです。

 

理由1 刺激が大きすぎる
「塗り過ぎ」など、マズい使いかたをすると、肌がむけたりシミが生じたりする可能性が高いです。肌がむけるのは、不要な角質が排除されているだけですから、肌はその内復活しますが、大きなダメージになっているという事は言えます。

 

また、肌が弱い方は、赤色に変色したりヒリヒリしたりするケースもあります。このような危険性がありますから、病院でしかトレチノインは入手出来ないというルールになっています。

 

理由2 ターンオーバーが加速しすぎる
ターンオーバーが加速し過ぎて、皮膚が極端にはがれてしまう場合があります。不要な角質が刷新されるわけですから、少しターンオーバーが活性化する程度であれば、むしろ喜ばしい事ですが、トレチノインなどで、ターンオーバーが激しくなると、一気にリスクが高まってしまうのです。

 

ですから、陰部とその近隣などの肌が弱い部位に塗るのは厳禁なのです。

関連ページ

肌の老化で股が黒ずみに?
股・Vラインの黒ずみ解消方法をお伝えします。人には相談できず、1人で悩んでいる方が多い股の黒ずみですが、適切なケアをすれば気にならないレベルまで改善することができます。股の黒ずみに効果的な、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの2種の黒ずみ
股・Vラインの黒ずみ解消方法をお伝えします。人には相談できず、1人で悩んでいる方が多い股の黒ずみですが、適切なケアをすれば気にならないレベルまで改善することができます。股の黒ずみに効果的な、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
陰部の黒ずみは生まれつきのもの?確認手段は?
股・Vラインの黒ずみ解消方法をお伝えします。人には相談できず、1人で悩んでいる方が多い股の黒ずみですが、適切なケアをすれば気にならないレベルまで改善することができます。股の黒ずみに効果的な、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名ですが…
股・Vラインの黒ずみ解消方法をお伝えします。人には相談できず、1人で悩んでいる方が多い股の黒ずみですが、適切なケアをすれば気にならないレベルまで改善することができます。股の黒ずみに効果的な、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。