知っておきたい知識記事一覧

良くない手段でアンダーヘアーを処理すると、股黒ずみが起きる場合があります。ですから、アンダーヘアーは適切な手段で処理しましょう。黒ずみの引き金のほとんどは「メラニンの沈着」にありますが、股などの肌は過敏ですから、カミソリやシェーバーのダメージから皮膚を保護するために、他の個所よりもメラニンが生じやすいと言えるのです。ですから、とにかく適切な段取りでアンダーヘアーを処理していくことが大事です。脱毛完...

まず、アンダーヘアーのケアは、毎日は行わないようにしましょう。皮膚にダメージが蓄積して乾燥に見舞われにくくなり、股黒ずみが生じやすくなってしまいます。注意してくださいね。そして、セルフケアの際には「女性向けのT字タイプのカミソリ」や「ペンタイプの電動シェーバー」で、ヘッドが動く3枚か4枚刃のものを使いましょう。そうすれば、皮膚へのダメージを最小限に抑える事が可能です。そして、刃の枚数が多い方が、1...

女性を悩ませる黒ずみですが、男性は女性の黒ずみの事をどう捉えているのでしょうか。黒ずみが生じている場所によっても異なるようです。ヒジ、お尻、ヒザ、ワキの下・人間だからある程度仕方ない・まじまじ見るような機会はないし、特にどうとも思わない・汚くしているように思える・女性らしい丁寧なケアを怠っているように思える陰部、乳首・不特定多数の異性と性交渉したり、触らせてきたりしたのではないかと思える・冷める・...

身体のどこの部位の黒ずみであっても、その誘因はほぼ間違いなく「メラニン色素」です。ですが「じゃあ、フェイス用の美白液で股黒ずみを治そう」と考えてはいけません。股の辺りの肌は顔よりも薄く、顔に使う事を想定した美容液を使うと、刺激が大きくなり過ぎてしまうのです。実際、フェイス用の美白液に入っている添加物が股の皮膚へのダメージとなって、皮膚を傷つけてしまうという事例は多いようです。さらに、皮膚のみならず...

トラネキサム酸は人工のアミノ酸であり、抗アレルギー効果、止血効果、抗炎症効果などがあります。医薬部外品ではありますが、医療機関などでは、昔から止血剤やじんましんや湿疹の治療薬として重宝されてきました。それに加えて「肝斑」という改善が困難なシミを和らげるパワーもあります。肝斑については、美白外用剤、ビタミンC配合の服用薬と併用する事が多いです。ちなみに、外用剤のトラネキサム酸と、服用するトラネキサム...

日本人をはじめ、東洋人の乳首や陰部や股は、かなり黒ずみに見舞われやすい傾向にあります。ですから、黒ずみ自体に悩む必要はありません。黒ずみの誘因のほとんどはメラニン色素ですが、乳首や陰部は特にメラニン色素の生成量が多い場所なのです。ちなみにメラニン色素の質には、遺伝や人種や年代によっても異なります。「黒人のメラニン色素の生成量」が一番多く「白人のメラニン色素の生成量」が最も少なく、日本人をはじめとす...

肛門の近隣の肌は実はかなり敏感で、黒ずみに襲われやすい部位であると言えます。実際、肛門の近隣の肌はまぶたよりも薄いのです。肛門の近隣や股は、常に下着と触れていますし、椅子などに座った際は、お尻に自分の体重がほとんど乗る事になります。そのため「いつの間にか、お尻周り・肛門周りや股の黒ずみに悩まされるようになってしまった」という事態になる可能性がかなりあります。股黒ずみをはじめ、黒ずんでも痛みを覚える...