イビサクリーム

股の黒ずみを解消する方法の1つとして「イビサクリーム」という商品があります。実際に実践している人は、かなり多いと見られています。ことに、脱毛のせいで生じてしまった黒ずみに効くそうです。

 

 

このクリームは脱毛エステの協力の下で作られました。そして、その脱毛エステのお客様も使っているそうなので、効果への説得力はあると言えるでしょう。

 

黒ずみの誘因であるメラニン色素を封じる

イビサクリームを股の黒ずみに使うと、かなり頑固な黒ずみまでも薄くなっていきます。下着類などの摩擦でターンオーバーがおかしくなり、そのせいで黒ずみが生じてしまった股には、皮膚の奥部でメラニン色素が生成されて、それが沈着してしまっているのです。

 

 

つまり、メラニン色素が黒ずみの直接的な理由であると言えますね。ここにこのクリームを塗る事により、メラニン色素を封じて肌を白くして、ターンオーバーを良好にして不要な角質を排除できるので、皮膚が美しくなっていくのです。

 

イビサクリームで皮膚環境を良くして、皮膚周期も良いものになっていくという事ですね。ちなみに、このクリームは股の黒ずみ以外にも使えますよ。

 

 

厚生労働省お墨付きの医薬部外品です

イビサクリームは「医薬部外品」です。「薬品じゃないのに、効くのかな?」と感じるかもしれませんが、きちんと効き目を望める成分が含まれていなければ、厚生労働省に医薬部外品だと認めてもらう事はできません。

 

 

このクリームのメイン成分は次の2成分です。

 

トラネキサム酸

美白パワーのある成分です。メラニンの発生を阻害して、黒ずみを和らげてくれます。さらに、塗布した個所の新陳代謝を整えるパワーもあるので、傷の治癒を速めたい場合にも有用です。

 

皮膚がどんどん刷新され、潤いのある白い皮膚へと近づいていきます。ちなみに、この作用は厚生労働省も認可しています。

 

グリチルリチン酸

「皮膚の荒れを抑制するパワー」と「鎮静力」があります。脱毛後は、皮膚の荒れを抑制して皮膚の状態を安定させるべきなのですが、そのために役立つ成分と言えそうです。

 

 

つまり、イビサクリームのメインの作用は美白作用と消炎作用という事ですね。

 

皮膚が弱い人でも大丈夫です

そもそも股の皮膚は弱いですが、脱毛後等はもっと弱くなっています。ですがイビサクリームであれば、そんな股に使っても問題ありません。

 

 

アルコール、鉱物オイル、パラベン、合成着色料、合成香料などといった添加物が一切入っていないからです。新生児が使っても大丈夫だと言われているほどです。

 

1番人気の黒ずみ対策商品↓↓